カテゴリ:分子栄養整形外科( 2 )

漢方薬局からビタミン薬局へ

5-5)、インフルエンザ、ウイルスに対してはビタミンCメガドース

あくまでも私見に過ぎませんが、漢方医の先生方というのは、それぞれの流派派閥に於いて、それぞれが他とは異なる非科学的な自信に満ち溢れている方たちの少なくないように思えます。

漢方薬の原料は野生から採取する動植物と天然ミネラル以外は農産物のような人為的な生産物です。
たとえば野菜は同じ品種であっても、栽培地や栽培方法により成分の個体差が非常に大きいものであり、それが味や栄養量の差となっているわけですが、ある患者に処方した漢方薬が効かなかった場合、それは処方が間違っていたのか、あるいは薬自体のスペックに問題があったのか、どうやって見分けるのでしょうか。

私は漢方医も漢方薬も否定するものではありません。
特に漢方薬の場合、成分的な効果として有効率の立証されているものはツールとして有用だからです。
そういうものは分かり易いのですが、よく漢方医どうしがネットのコメント欄などで他の漢方医の診断を批判するのを目にするのですが、その、他医を批判している先生はつまり、自分はそうではない、と言っているわけです。
自分の診断は常に微に入り細に入り正しい、と思っているからこそ、他医の勉強不足を嘆き哀しみ批判するわけです。

で、仮にその先生の言っていることが正しいとするのならば、そんなに難しい正しい漢方診断の出来る医師は、たとえばこの日本には滅多に居ないことになります。
私は、その先生の学識と実力を疑うわけではありませんが、医療とは国家の国益に関わる重要な社会的インフラであり、「個人技の自慢大会」ではないのです。
そういう意味では、その先生の実力が本物かそうでないとか、もはや半分はどうでもいいことなのです。

私が為政者ならば、そんなめんどくさい方法論としての医療インフラは採用しません。
そんなやり方では多くの末端までの国民に福益を与えることはできないからです。
もちろん現代医学においても顕微鏡下手術のような、数的に一部の患者にしか施せない分野もありますが、もともと漢方薬の主流は内科疾患です。
つまり町医者が簡便に使える確実な方法論でなければ国益に貢献できないわけです。

結論です。
私が為政者ならば、町医者には科学的に検証容易なビタミン類を使わせます。
と同時に、国の研究機関で、徹底的にビタミンの有効性を大規模前向きコホート試験にて研究させます。
が、現実には、私は為政者にはなれませんので、そんな日本には残念ながら、少なくとも私が生きている間は、100%ならないでしょう(笑)。
であるのならば、私たち平民の選択肢としては、効果の科学的に不確かで、正しい診断のめんどくさい難しい漢方薬を選択するよりは、離島のドラッグストアでも一定品質の製品が簡単に手に入る、且つ国保に頼らずとも自費でも買える安いビタミン剤を利用することだと思うわけです。
またそのようにして国保を使わなくなれば、現在多くの国民が安易に町医者で湯水のごとく利用している社会保険財源の貯えも潤沢となり、いま以上に難病や希少疾患の治療研究に回せるようになるのではないでしょうか。

いま、賢い選択は、漏れなく副作用の付いてくる標準治療の薬でも、処方診断の難しいとされる(漢方医自体が他の漢方処方を批判している状況を以て、その難しさと「自称学問的高度さ」の証明されている)漢方薬でもなく、簡単で安価で安全性の高いビタミン・ミネラルを利用する、分子栄養医学ではないでしょうか。

漢方薬はこれまで、暴走する与党のブレーキ役である野党のような役割を、副作用の強い標準治療薬に対して果たしてきたと思うのですが、今後はその役割は、以上書いた理由により、漢方薬ではなく、ビタミンに担っていただきたいと強く思うわけです。
それと現在日本中に薬剤師の経営する漢方薬店があるわけですが、これも今後はビタミン薬局となるべきでしょう。
分子栄養学の知識を持つ薬剤師が増え、それを客にアドバイスの出来る薬店が、日本中の津々浦々にまで存在すれば、それは現在の漢方薬の販売業務以上に、日本人の健康という国益に利することになると思われるからです。


[PR]
by imamadearigatou | 2017-10-17 10:35 | 分子栄養整形外科

近年の医療の4大パラダイムシフトについて

私の認識の中での近年の医学医療のパラダイムシフトは、湿潤療法、糖質制限、MPS(筋・筋膜性疼痛症候群)及びFSS(機能性身体症候群)だったのですが、それに加え、藤川先生の三石分子栄養学+オーソモレキュラー医学を批判的に検証実践更新中の知見を含め、4大パラダイムシフトであると思っています。
ちなみに糖質制限と藤川先生の分子栄養学は一部認識が重なっているところもありますが、糖質制限だけでは、とうてい解決できない諸問題があまりにも多くあり、4つ目のパラダイムシフトとして藤川分子栄養学を加えるわけです。

ところで、この4大パラダイムシフトの中で最もマイナーな存在が、というよりは、糖質制限派の医師たちとの連携がほとんど感じられないのがMPS・FSSの分野なのです。
MPS・FSS概念の功績とは、整形外科分野に於ける痛みの責任領域を、従来の器質の変形理論から、脳機能にシフトした点にあると言えます。
ゆえに私の尊敬する石川の加茂先生のブログタイトルは「心療整形外科」なわけですが、しかしMPS・FSS医学には、残念ながら、栄養医学と疼痛との考察がないのです。これは本当にもったいないと思えます。

たとえば慢性疼痛症に対しては、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)とは、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称で、広義にはステロイドではない抗炎症薬すべてを含みます。)が効かない場合が多く、ゆえに(脳関連の不具合に起因する痛みと観て)抗うつ薬などが投与されるわけですが(実際に効果のあるケースが少なくない)、しかし抗うつ薬には複雑な副作用も少なくなく、ゆえに私は、この運動器の疼痛分野にも、積極的に分子栄養学を採り入れるべきだと思うわけです。
何しろ栄養サプリは(よほど非常識なことをしない限りは)無害ですから。

うつ・パニックが鉄とタンパク質とビタミン不足に深く関与していることが既に栄養医学臨床の事実として示されている時、身体性うつとも言われる慢性疼痛症にも、質的栄養不足が深く関わっているのではないのか、と考えることは、むしろ「遅すぎた」、とも言えると思うのです。

加茂先生はパラダイムシフトとして「心療整形外科」という素晴らしい概念を私たちに示してくださいました。
その恩に報いるべく、私たちは、それに加え、「分子栄養整形外科」という新たなる概念を以て、明日からの痛み臨床にあたることが重要ではないのか、と考えます。

それにしてももっと驚くのは、操体法の橋本敬三医師の、病気の原因は「息・食・動・想&環境」の中にある、ということを、昭和の初期から言い続けていたわけであり、さらには、フローレンス・ナイチンゲールに至っては、病気とは認識の産物である、ということを第一次大戦の頃から言っているわけです。

ただ、認識の構築には正しい情報が必要です。
ゆえに私たちは、今後も、分子栄養学を(事実に基づき)批判的、反証的態度で更新させたいと思うわけです。


[PR]
by imamadearigatou | 2017-07-22 22:23 | 分子栄養整形外科

スピリチュアリズムに組織や師は必要条件ではありません。スピリチュアリズムとは自然事象に対する個人の科学的な認識の問題です。このブログの内容が1行でも参考になれば幸いです。


by 萩原俊明
プロフィールを見る
画像一覧